税法コース

租税法研究指導

LEC会計大学院ならではの論文指導体制
時間が限られた社会人のために構築された合理的・計画的な修士論文指導システム

特色1 マイルストーン管理

スタートから完成までのプロセスが明確に定められており、学生はまずクリアすべき目の前の目標に集中して、論文作成に取り組みます。1つ1つのハードルをクリアしていくことが、最終的に、論理にぶれのないレベルの高い修士論文完成につながっていきます。

特色2 チーム制による指導(税法+構成+ライティング)

税法を専門とする教員の他、修士論文を構成的側面から指導する専門教員、さらに学術的文章作成のための基礎指導を行う教員で構成されるチーム制で指導に対応します。論文作成の初期段階では、文章の書き方トレーニングなど、まずは土台作りからスタートし、作成進行の段階では、論理展開に矛盾はないか、わかりやすい文章に整えられているか、というような観点から徹底した指導が行われています。

1.マイルストーン管理
明確に定められているスタートから完成までのプロセス

2.チーム制による指導(税法+構成+ライティング)
論理の一貫性・整合性および形式面・文章面のクオリティを極める

税法専門教員(主査)

指導の視点
  • 論文テーマ・目的設定・リサーチクエスチョンの実現可能性の判断
  • 論文全体の妥当性
伊東 博之研究科長・教授
税理士
伊東 博之Ito Hiroyuki
国税庁法人税課課長補佐、国税不服審判所国税審判官、東京国税局調査部特別国税調査官・統括国税調査官、東京国税不服審判所管理課長、東京国税局総務部次長、東京国税局麻布税務署長などを歴任。
高野 弘美教授・税理士
高野 弘美Takano Hiromi
東京国税局にて個人事業者から上場会社まであらゆる階層の税務調査に従事。その間、所得税審理担当補佐、税務大学校教授、国税不服審判所審判官、東京国税局調査部統括官、仙台国税局花巻税務署長、東京国税局本所税務署長などを歴任。

構成指導教員(副査)

指導の視点
  • 目次各章のストーリー構成・論文全体の論理の一貫性
  • 引用や出典表記・剽窃回避などのエラーチェック
  • 論文全体の文章指導
山本 宣明教務部長・教授・博士(経営学)
山本 宣明Yamamoto Nobuaki
青山学院大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)。LEC会計大学院助教、講師、准教授を経て現職。専門はマネジメント・コントロール・システムの観点からの管理会計の研究。
春日 潤一准教授・Ph.D(政治哲学)
春日 潤一Kasuga Junichi
英国立カーディフ大学大学院欧州研究科博士課程修了、PhD。(PhD in Political Philosophy, School of European Studies, Cardiff University)。

ライティング指導教員

指導の視点
  • アカデミック・ライティングを基礎にした文章指導