在院生の声

久武 慎一さん

プロフィール

  • 2017年[秋]入学

久武慎一さん

AIに代替されることのない税理士を目指して
幅広い分野の豊富な授業で、論理的思考を
実践に結びつけるスキルを磨く

LEC 会計大学院を選んだ理由は、平日夜間と土日のみの講義だからです。私のように片道約2時間半の遠方通学者でも、忙しい会計事務所の仕事との両立を可能にしてくれます。また、やむを得ず休んだ場合でも、録画された授業DVDの視聴が可能で学習の進捗に遅れることもありません。

私は、会計コース(会計論文特化モデル)に所属しています。修士論文は制度会計をテーマにしていて、難解な課題にあたることも多いのですが、論文指導の教員皆様の適切なアドバイスのおかげで、順調に進んでいます。複数の解釈論点があれば、教員や学友と意見を自由に交します。最新の会計時事について議論することも多く、指導教員のわかりやすい解説と実務経験豊かな学友との談義によって、会計学の造詣を深めることができています。皆様のおかげで、「苦しみながら」というよりも「楽しみながら」論文の執筆にあたることができています。

LEC会計大学院の特長は、培った論理的思考を実践に結び付けるスキルまで養えることです。これからの企業社会では、単なる知識はすぐに陳腐化されます。これからの税理士が求められることは、「ToDo」重視の提案型のコンサルタント業務でしょう。私は、これからAIがどんなに進化しても、代替されることのない税理士を目指しています。その点、LEC会計大学院には、管理会計論・企業法・ファイナンス論・ITリテラシーなど、税理士試験の受験科目ではないけれども、税理士業務に必要な講義が豊富に充実しています。まさに、会計分野の高度専門職研究科でなければ学べないことと思います。