在院生の声

堀邊 龍太朗さん

プロフィール

  • 2017年[春]入学

堀邊龍太朗さん

バラエティーに富んだ仲間達との絆
同じ目標に向かって一緒に進めることが喜び

早く資格を取得し、仕事の幅を広げたい―その思いで税理士試験科目免除申請に向けた論文指導のある大学院を探しました。「戦略的修士論文指導体制」、段階的に論文作成を進めていくこの指導体制はとても魅力があり、論文を書いたことがなく大きな不安を感じていた私に合っているかもしれないと感じ、LEC会計大学院に入学しました。実際に、細かい文章の作成方法、構成の練り方をそれぞれの専門教員が指導してくれます。この点は、仕事上でも使える技術で、入学当初に比べると文章力が随分改善し、その結果が仕事上でも役に立ってきていると感じています。

仕事の合間で論文作成を進めていくことは正直大変なことです。指導教員からは細かく鋭い指導が入ります。都度その課題をクリアしようと作成を進めていますが、完成まではとても大変な道のりであり、ここまでやらなければ2年間で科目免除認定に相応しい論文を書くことは出来ないのだと再認識する日々です。

大学院生としての生活は正直大変ではありますが、大変なのはごく一部とも言えます。幸い私は仲間に恵まれました。周りの仲間には特徴的な人が多く「明確に今後の目標を持つ方」、「仕事が大変ながら学校に通っている方」、「指導教授のような方」、「人生の野望を持つ方」とバラエティーに富んでいて、一緒に同じ目標に向かっていけることが嬉しくなる人達です。

私の目標は税法科目免除申請のための論文を書き上げることです。そのためにLEC会計大学院に入学しました。ただ今は、入学したからこそ出会えた仲間との絆があります。自身の目標達成と併せて、皆一緒に卒業ができるよう、日々頑張っていきます。