在院生の声

堀江 節さん

プロフィール

  • 2015年[春]入学

堀江節さん

知識は活かすことが大事
活かす術を教えてもらえる場

税理士試験の勉強を始めたのが40代半ばであり、さすがに、記憶力は若い時と同じというわけにいかず、忘却曲線との闘いでした。それでも、日々、理論集を傍らに置き、暗記につぐ暗記で何とか税理士試験の科目受験を進めてきました。しかし理論集の字面だけを追う日々に疑問がわき、実践的な勉強をしながら税理士試験の科目免除申請の道も開ける会計専門職大学院への入学を決意したのです。

LEC会計大学院を選んだ理由は、修士論文の指導体制がマイルストーン管理によってしっかりしていた事が第一にあげられます。また実際に実務の世界で活躍している先生が多く、実践に即した講義が多い、ということも理由になりました。事例を研究することは、税理士試験のように単に知識を詰め込む作業より、勉強や研究に意欲的になれます。単に知識があるだけでは意味がなく、その知識を活かす事が大事なのです。先生方はその知識を生かす術を教えてくれます。

仲間が頑張っているから自分も頑張れる

毎日、仕事に勉強、研究。やることはたくさんあります。本当に大変です。しかしここには仲間がいます。税理士になるという目標を共有しています。そして皆、頑張っています。仲間が頑張っているから私も頑張る事ができます。人は一生のうちに何度か、集中し、努力し頑張らなければならない時があると思います。私は、今がその時だと思っています。そして、その時のその場所がLEC会計大学院で本当に良かったと思っています。