LEC会計大学院紀要

紀要第14号

LEC会計大学院紀要第14号(2017年2月28日発行)

小林健吾先生特集

2005年4月の開学以来、本学においてご指導いただきました小林健吾先生が、2015年度後期「マネジメント・シミュレーション」を最後に、授業担当をご退任されました。
理論と実務の融合を標榜する本学の旗艦科目となった「マネジメント・シミュレーション」の起ち上げと、その後の継続・発展に多大なるご尽力をいただいた小林健吾先生。
従来の会計教育の問題点を意識して、「現実の経営環境の中でいかに会計情報を有効に活用できるか」という観点を終始一貫重視した教育を展開いただきました。特筆すべきは、学生自身がパソコンでデータ解析やシミュレーションモデルの構築を経験することで、従来にはない高度な会計データに対する理解を修得したことでしょう。
本学はこれからも小林健吾先生の教育理念を継承し、高度な会計専門職業人を志す学生が、本学で学んだ知識と力を現実の経営環境の中で実践的に応用していくための理論と実務の融合教育に力を注いでまいります。
小林健吾先生、12年間に亘り、ご指導をいただき誠にありがとうございました。
ここに心からの感謝を申し上げます。

インタビュー

特集論文

FD報告

春日 潤一
望月 拓実

論文

山本 宣明
遠藤 啓之
交際費等の三要件説の限界と交際費等分析フレームワークの提示
―萬有製薬事件を題材に―
細川 健
若杉 明
慶松 勝太郎
加藤 ひさの

研究ノート

山本 宣明

随想

齋藤 淳